重要性

Posted in 治療の薦め

皆さんは、包茎治療というと自らのプライドのためにやると思うことが多いのではないでしょうか?
包茎治療というのはもちろんセックスの快楽さを増す働きもありますが、セックス相手に不快な気持ちを持たせない、また病気を感染させないという大きな側面も持っています。null
陰茎が皮をかぶっていると、陰茎の周りに白いかすがたまっているのを包茎治療を受けようと思っている方なら見たことがあるかと思います。
これを恥垢(ちこう、別名ちんかす)とよびます。
これらは体温の中の暖かく湿った皮の中にあるので、雑菌が繁殖しやすくなっています。
そして、様々な病気を発生させる原因になっています。
たとえば、性器カンジダ症、性器ヘルペス、陰茎ガン、尖圭コンジローマを始めとする性感染症です。
ですので、包茎の方は是非治療をお勧めします。
包茎治療はおおよそ40分から60分で完了し、通院や入院の必要がないところがほとんどです。
治療院も大都市近郊に幅広く点在しているため、交通面での不便を感じることはないと思います。
しかしながら、辛いのはお風呂に入れないことと、しばらくの間はセックスやマスターベーションができないことです。
お風呂は原則1週間程度(シャワーなら当日でも可な所が多いようです)、セックスやマスターベーションは3週間程度、禁止となります。
これは男性にとってはかなりの苦痛を伴うと思います。
しかしながら、その苦痛に耐えて得られるものは非常に大きいと思います。
包茎の皆さんは是非包茎治療という選択肢があることを念頭においておいてほしいと思います。