起こりうる失敗例

包茎治療を行う場合に成功率が100%であればいいわけですが、実際のところは治療に失敗するケースというのも見られるようです。
包茎手術を行わずに矯正器具を使用した場合でも、矯正器具との相性が悪かったり、説明書通りに使用しなかったら、場合によってはペニスを傷つけるということがあります。
矯正器具の使い方如何で治療効果が上がらないということがあるようです。
包茎手術を行った場合でも、下手な医師が手術したりする場合には包茎手術に失敗してしまうというケースはあります。
包茎手術で起こりうる失敗例として挙げられるのが、見た目が悪いという事例とペニスの機能面がおかしいという事例の大きく分けて2種類になります。
包茎手術を行うために高いお金を出したわけですが、包茎手術に失敗してしまうということになりますと、そのお金が無駄になるというだけでなく、場合によってはもう一度修復手術を受けるような必要が出てきてさらにお金がかかるということにもなりかねません。
できればクリニック選びを慎重にすることで、こういう事例にならないようにしていきたいものです。
包茎手術の失敗例の一つ目の事例としては見た目が悪いという事例になります。
見た目が悪いというのは、確かに包茎手術を行ったわけなのですが、一目で包茎手術を行ったであろう痕跡が残っているということになります。
包茎手術を行ったというのは男性にとっては女性に見せたくないところになりますので、自信をもって性交渉ができづらくなるという側面はあります。
こちらの場合はまだ再手術が可能になります。
包茎手術の失敗例の二つ目の事例としてはペニスの機能面がおかしくなるというものになります。
例えば性感帯を間違って切除したために感度が低下したり、勃起不全になったりするといったことなどがあるようです。
どちらかというとこの事例の場合は再手術ができずに取り返しがつかなくなることが多いかもしれないです。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>