自信を持つきっかけとなった包茎治療

自分が包茎であることは薄々と気づいてはいましたが、はっきりとそれを認識したのは社員旅行でみんなと温泉に入ったときでした。
後輩からはっきりとそう指摘されたときは恥ずかしくてショックでしたよ。
なんて失礼なヤツだとも思いましたし(笑)でも、実はその後輩ももともとは包茎だったんです。
それで親切心から僕に包茎治療をすすめてくれたんです。
nullそういった包茎治療があるということは何となく知ってはいましたが、別に自分には必要ない気がしていました。
でも、その後輩にアドバイスされた通り包茎治療のクリニックに行って、医師からカウンセリングを受けてみると、どうも包茎にも種類があるのだということを初めて知りました。
種類によっては包茎によりペニスの衛生状態が悪くなるため、思わぬ病気を招く可能性があるとのことでした。
幸い僕の場合は仮性包茎だったので、綺麗に洗いさえすれば衛生状態は保たれるとのことでしたが、それでも普段から何となく臭いが気になったりはしていたので、思い切って包茎治療を受けることに決めたんです。
包茎治療は手術によるものでしたが、麻酔をしてくれたので本当に全然痛くなかったですよ。
手術前に先生が不安な点については十分に説明してくれたので、包茎治療を受けようかって悩んでいる人はとりあえずクリニックに相談してみるのが最善策ではないでしょうか。
包茎治療後の経過も順調なので、ぜひ今度あの後輩を銭湯にでも誘って自慢したいです。